読書館
自費出版

自費出版の勧め

 

小部数出版への特化

 自費出版といえば最低でも100冊、普通は300冊程作らなければならないという常識があります。大きな経済的負担もさることながら、玄関に置かれた何百冊もの本の山を想像したら躊躇する方も多いと思います。「家族や友人に渡す分10冊ほどでいいんだがなぁ…」というような要望を満たすことはできませんでした。
 読書館はこの常識に挑戦し、「一冊からできる自費出版」をスローガンに店内一貫生産で本格的な本作りをしています。このガイドブックを参考に、是非著書を企画ください。

 

ネットとメール便でつくる本

 

来店の必要はありません

 自費出版の場合、制作に当たって十分なコミュニケーションが必要です。 そこで、当店でも従来は店頭にお越しいただいたり、著者宅まで出張した りしてきました。 当然そこで発生した「手間」はコスト反映し、自費出版の敷居を高 くしていました。
 そこで読書館「自費出版専門店」では、メール等でデータ交換を重ねながら 十分コミュニケーションをとり。版下校正をメール便でやり取することによって 大幅にコストダウンを図りました。
 読書館は直接お会いすることだけがコミュニケーションの 取り方だとは思っておりません。 一度もお会いしたことのないお客様から、納品後感謝の葉書を頂き、 感激したこともあります。

  →次へ

俳句集 自分史